カウンセラーの私の仕事や日常を綴ったブログです。


by jfvi6aaxzd

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 古紙の再生過程で出る「製紙スラッジ」などの産業廃棄物が大量に不法投棄された事件で、福岡、熊本、佐賀の3県警合同捜査本部は9日、投棄処理を無許可業者に委託したとして、廃棄物処理法違反(委託)容疑で、製紙会社「コトブキ製紙」(福岡市中央区)課長笹木孝美容疑者(61)=佐賀市新郷本町=を逮捕した。
 また、産廃収集運搬会社「九州エコテック」(福岡県田川市)社長中村泰三容疑者(66)=同法違反罪で起訴=ら3人も同法違反(無許可処分)容疑で逮捕した。
 捜査本部によると、笹木容疑者は否認し、ほかの3人は容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、笹木容疑者は昨年3月中旬〜5月下旬、中村容疑者らに産廃処分業の許可がないと知りながら、製紙スラッジ約764トン分の処分を委託した疑い。
 中村容疑者ら3人はこれを含め、2008年12月上旬〜昨年5月下旬、熊本県南小国町の牧場に製紙スラッジ約1980トンを捨てたとされる。 

【関連ニュース】
王子製紙、4〜12月期純利益167億円=原料価格下落と固定費削減で増益
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕
ミサワホーム創業者など所得隠し=株売却の8億円指摘
産廃処理場に現金百数十万円=廃材に紛れて見つかる
産廃運搬会社社長を逮捕=70トン不法投棄容疑

<プリウス・リコール>トヨタ系販社、休日返上で顧客対応(毎日新聞)
マータイさん 原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も(毎日新聞)
源純夏氏が自民公募に応募…参院選徳島選挙区(スポーツ報知)
【1都4県週刊知事】東京 石原慎太郎知事 5万ドル値切りました(産経新聞)
民主公約は破綻=菅氏の消費増税論議発言に−自民総裁(時事通信)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-15 18:13
 「すし店でサビ(わさび)抜きを注文する若者が増えている」。そんな新聞記事が掲載されると、ネットで「それは事実なのか?」などと疑問視する声があがり、ちょっとした騒動になっている。巨大掲示板「2ちゃんねる」では、サビ抜きのすしはアリなのか、無いのか、などとスレッドが10を超える「祭り」に発展。「サビ抜きのすし」を注文する若者は増えているのだろうか。

 毎日新聞は2010年2月5日付けで、今の若者達は「辛み」「苦み」を敬遠、「大人の味」が苦手な若者が増えているようだ、という内容の記事を掲載した。具体例として挙げられているのがすしで、サビ抜きをリクエストするのは「圧倒的に20代の若い方で、特に女性が目立つ」という、すし店の店長のコメントを掲載している。

■「サビ抜きを頼む若い女性を見たことがない」

 すしのサビ抜きといえば、親が小さな子供に食べさせるために注文する、という風景はよく見かける。毎日新聞記事によれば、今の若い人達は子どものころからの味覚や嗜好があまり変わらない人が増えていて、20代、特に女性がサビ抜きを注文するようになっているのだそうだ。

 この記事に関し、「2ちゃんねる」ではスレッドが複数立つ「祭り」に発展。

  「サビを抜く若い女は今に始まったことではなく昔からいる」
  「素材を味わいたいなら醤油も必要ないと思うが…」

などと書き込まれた。

 サビ抜きをする若い人が増えていることについては首を傾げる人が多い。都内の大学生に聞いてみると、

  「私もそうだが、サビ抜きを頼む友人は見たことがない」(20歳女性)

という人がほとんどだった。

 すし専門店ではどうだろうか。「ミシュラン」で3つ星を取った東京銀座の「すきや橋 次郎」では、

  「そういったお客様はいらっしゃいません」

ということだった。持ち帰りすしの「小僧寿し」本社では、

  「子供に食べさせるためお母さんがサビ抜きを注文されることはありますが、大人の方にとってわさびは必要です」。

 回転寿司の「元気寿司」本社では、

  「若い人、特に女性がわさび抜きを頼む事が増えている、ということは聞いておりません」

ということだった。

■わさび抜きが増えていくかといえば疑問

 回転寿司の「くら寿司」は全皿をサビ抜きにしていて、客が好みでサビを付け食べる仕組みになっている。くらコーポレーション広報によると同社店舗の場合はもともとファミリー客が多く、サビ抜き注文がけっこうあった。2年前に自社で調査したところ、20代女性を中心にサビ抜きを好む傾向が出て、「サビ抜きを注文されてから握る」のか「最初からサビ抜き」にして提供するのか検討した結果、現在のような仕組みに決めたのだという。

 結果としてサビを抜いての提供は評判が良かった。その理由としては、同社が提供するすしは70種類あり、サビを付けない方がおいしいく感じるネタがあることもあって、試しにサビを抜いて食べたところおいしかった、という感想を持つ人が多かった、からだという。

 ちなみに同社の場合、サビを抜く前と、抜いた後の店舗のサビの消費量は殆ど変わらなかった。理由は、サビ抜きを好む客がいる一方で、たっぷりサビを利かせて食する人が増えたからだそうだ。

 同社広報は、

  「わさび抜きは好評ですが、だからといって今後、わさび抜きを好む人が増えていくかといえば疑問です。ただ、わさびを抜くのはイレギュラーだと思われていた時代は終わった、ということは言えると思います」

と分析している。


■関連記事
最近は料亭にいかない小沢代表 お気に入りは「桃太郎すし」「庄や」 : 2008/10/24
ルポ・ハローワーク 「求職中」の若者に希望はあるのか : 2009/04/08
タマネギ騒動「犬に食わせていない」 プロレスラー小島ブログで釈明 : 2010/02/03
ノーベル賞晩さん会メニュー、2万円で : 2010/01/21
小瀬浩之選手の死亡 球団の沈黙が「語るもの」 : 2010/02/08

男性3人切られ1人死亡=簡易宿泊所で、男逮捕−警視庁(時事通信)
「学校に行かせられない」=対応に不満、登校させず−小1死亡事件で逮捕の両親(時事通信)
中川氏、前途多難 政界再編へ勉強会 自民は冷めた反応(産経新聞)
<皇后さま>「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館(毎日新聞)
犯意否定の会見発言、石川議員「誤解招いた」(読売新聞)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-14 11:13
 自民党は5日、地方を含めた若手議員らによる遊説活動を全国各地で行う「JIMIN NEXT」を発表、メンバーに小泉進次郎衆院議員(28)や、「美人すぎる市議」として話題の藤川優里青森県八戸市議(29)が参加することになった。

  [フォト]凛々しいスーツ姿で闊歩する「美人すぎる市議」

 党執行部としては、夏の参院選比例候補として検討している藤川氏の知名度を上げ、票の掘り起こしを図る狙いがあるようだ。今月は三重や和歌山など9県に赴く。

 また、民主党の「政治とカネ」の問題を批判するため、今週末に党所属国会議員が全国で一斉街頭演説を行うことも決めた。

【関連記事】
“美人すぎる”藤川市議が自民党大会で登壇
藤川市議、TV番組で「ふるさと祭り」PR
“美人すぎる”藤川市議、さんまをメロメロ
あの人に口説かれた?自民目玉“美しすぎる”市議の本音
美しすぎる藤川市議、「論文」でマジメに少子化考える

胸に刃物、マンション入り口で男性死亡 神奈川・川崎(産経新聞)
奈良・山本病院理事長「死因は心筋梗塞に」 塚本容疑者供述 手術隠蔽意図か(産経新聞)
<取り調べ可視化>公安委員長の研究会初会合(毎日新聞)
<文科省>創志学園を処分 財源不足のまま大学新設(毎日新聞)
飲酒で免職、最多16人=警察の09年懲戒処分(時事通信)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-12 19:34
 埼玉県警大宮署は5日、電車内で痴漢をしたとして、同県北本市宮内5、会社員、増島光夫容疑者(47)を県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕した。被害者は非番の県警本部所属の女性巡査(23)で、増島容疑者をその場で取り押さえたという。

 逮捕容疑は、5日午後11時45分ごろ、JR川越線日進−大宮駅間を走行中の普通電車内で、左隣に座った巡査の胸や下半身を触ったとしている。

 同署によると、増島容疑者は酒を飲んでおり、容疑を認めているという。巡査は県警子ども女性安全対策隊に所属。友人と会った後、帰宅途中だった。【町田結子】

【関連ニュース】
子供への性犯罪:教員の摘発が増加 2年で88人
強盗強姦:女性6人暴行の被告に懲役18年 地裁小倉支部
不動産仲介会社:わいせつDVD店入居させ逮捕 警視庁
強制わいせつ容疑:警部を逮捕 08年にも処分 福岡県警
わいせつ行為:容疑の埼玉県警巡査長を逮捕 神奈川県警

<加藤紘一氏>「秘書がやったことは…」首相に「責任」迫る(毎日新聞)
首相と小沢氏の会談で説明に食い違い 首相「頑張ってとはいっていない」(産経新聞)
陸山会土地購入 小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
衆院予算委員会開催がずれ込み 個所付け内示問題で野党が抵抗(産経新聞)
雑記帳 人気の金色オブジェ「天使のうんこ」 京都に登場(毎日新聞)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-11 17:13
 9日午前7時15分頃、東京都足立区鹿浜3の環状7号線で、路線バスにトラックが追突、バスの運転手や乗客の男女計7人が軽傷を負った。

 トラックのクレーン部分がバスの後部のガラスを突き破った。警視庁西新井署幹部によると、バス停で乗客が乗降中にトラックが追突したという。

センター試験平均点、15科目でダウン(読売新聞)
<つくば風車>業者丸投げ 助役も賠償責任 東京高裁(毎日新聞)
「幻のチョコレート」日本初上陸 新宿で限定販売開始(産経新聞)
<春闘>主力組合が要求提出 3月中旬の回答日目指す(毎日新聞)
山梨市長選 竹越久高氏が無投票初当選(毎日新聞)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-10 16:57
 福島瑞穂・消費者担当相は2日、国民生活センターの中名生(なかのみょう)隆理事長(66)が任期途中の今年度末で辞任することを認めた。後任は閣議決定に基づき、公募で選ぶ。中名生氏は67年に旧経済企画庁に入り、同事務次官などを経て07年4月から現職。任期は11年9月末までだった。辞任理由について、福島氏は閣議後の記者会見で「消費者庁が発足し、区切りがついたと説明を受けた」と述べた。【山田泰蔵】

【関連ニュース】
日清ファルマ:カプセルは「トクホ」認めず 消費者委
消費者庁:新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合
福島消費者相:橋下知事と激論 ステッカー法的効力で
日清ファルマ:カプセル製品の「トクホ」認めず−−消費者委
質問なるほドリ:「消費者ホットライン」どう使うの?=回答・山田泰蔵

小笠原で海底火山噴火 「領土拡大」の夢ふくらむ(J-CASTニュース)
<アジアゾウ>「はな子」誕生日、国内最長老の63歳 特製ケーキ贈る(毎日新聞)
<1票の格差>衆院比例ブロックの定数配分は合憲 東京高裁(毎日新聞)
普天間移設、最後は国の責任で=岡田外相(時事通信)
「嵐」松本潤さんが追突事故=雪でスリップか−警視庁(時事通信)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-09 20:37
by jfvi6aaxzd | 2010-02-09 03:06
 戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で、治安維持法違反の有罪が確定し、再審で免訴判決を受けた元被告5人の遺族に対し、横浜地裁は4日、請求通り計約4700万円の刑事補償を支払う決定を出した。大島隆明裁判長は決定理由で「(治安維持法の廃止など)免訴の理由がなければ無罪の裁判を受けたことは明らか」としており、今回の決定は事実上の無罪判決といえる。さらに決定は「警察や検察、裁判の各機関の故意過失は重大」と司法の責任にも言及した。

 再審の免訴は、有罪無罪を判断せずに裁判を打ち切る判決で、元被告側は刑事補償手続きに「無罪」判断の願いを託していた。86年の第1次再審請求から元被告側が求めてきた名誉回復を一定程度果たす決定となった。最高裁は、免訴とされた元被告への刑事補償について「(過去の例は)把握していない」としている。

 決定は、共産党再建の謀議をしたとの事件を「拷問による自白は信用できず、認定できない」と断じ、同法違反で地裁から有罪判決を受けた5人は、免訴の理由となった法の廃止と大赦がなければ無罪だったと判断した。

 元被告側は、裁判所が〓罪(えんざい)を追認した「司法の過ち」も追及、決定は「拷問の事実を見過ごし公判に付した予審判事は少なくとも過失があり、拙速粗雑な事件処理をし、慎重な審理をしなかった裁判官にも過失があった」と述べた。元被告への謝罪はなかった。

 訴えていたのは、1945年に有罪が確定し、08〜09年の再審で免訴となった雑誌「改造」元編集者の故小野康人さんと、中央公論社の故木村亨さんら4人の計5人の遺族。逮捕(43〜45年)から出所までの579〜846日について「事件はでっち上げ。激しい拷問で虚偽の自白を強いられた」として09年4〜5月、刑事補償法が定める上限の1日当たり1万2500円を請求していた。

 刑事補償法は、免訴理由がなければ無罪と認められる免訴判決の場合、拘置日数などに応じて支払うと規定。確定後に無罪判断の決定要旨が官報などで公示されるため、小野さんの再審判決(09年)で大島裁判長は「一定程度は名誉回復を図れる」と刑事補償手続きに言及していた。新たな再審請求の予定はなく、横浜事件に関する司法判断はこれが最後となる見込み。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
横浜事件:刑事補償、来月4日に決定 元被告遺族が請求、地裁が通知 /神奈川
ことば:横浜事件
昭和毎日:治安維持法及び関係法令廃止決定 1945年10月
昭和毎日:内務省解体 1947年12月
無罪判決:被告に「責任能力なし」−−名古屋地裁

<節分>福豆に1万5000人 大阪・成田山不動尊(毎日新聞)
新聞配達員が自宅で死亡、首にビニール製ひも(読売新聞)
【著者に聞きたい】太朗想史郎さん 『トギオ』(産経新聞)
明石歩道橋事故で“検察官役”に3弁護士を選任 神戸地裁(産経新聞)
小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を−米科学アカデミー報告書(時事通信)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-08 09:11
 未成年者の喫煙の“抜け道”を絶て−。たばこ行政を管轄する財務省は、インターネットによるたばこ販売が未成年者への喫煙の抜け道になる恐れがあるとして、ネット販売の実態調査に乗り出す。最も問題になるのは「年齢確認」。平成20年に導入された成人識別ICカード「タスポ」で未成年者の喫煙が大幅に減少したという指摘がある一方、「抜け穴だらけ」と甘い社会的規制を危ぶむ声もある。(日出間和貴)

                   ◇ 

 ◆抜け穴だらけ

 財務省によると、たばこの小売業者は全国で約29万店。主に対面販売や自動販売機で扱っている。ネットによる販売を手がけているのはごく一部とみられるが、実態は不明だ。

 同省理財局たばこ塩事業室によると、ネットでたばこを扱うのは全国で数十業者。中には年齢確認を本人の回答に任せ、身分証の提示を求めないケースが見受けられるという。「ネット販売を認めるのは病気などで外出ができないなどネットの利便性を受ける人がいるため」と同省は説明する。

 「タスポの自販機が普及して以降、未成年者の一部はコンビニエンスストアやスーパーなど対面販売に流れた。ネットはその先にある入手方法で、対面販売と違って目視できないため成人かどうか分かりづらい」とたばこ塩事業室の宮尾英志課長補佐。調査結果は4月をめどにまとめる予定だ。

 ◆友人や先輩に…

 「未成年者による自販機からのたばこ購入防止」を目的に設置されたタスポは導入から約1年半。日本たばこ協会(東京都港区)によると、タスポ対応の自販機は99・6%に達し、タスポ発行枚数は約960万枚。喫煙者の約3人に1人がタスポを保有する計算だ。

 協会はタスポの普及で未成年者の喫煙を少しでも削減したい考えだ。しかし、発行には身分証の提示が義務付けられているものの、現実にはタスポの貸し借りが横行。「業界は“タスポ効果”と歓迎しているが名ばかり。タスポが自販機によるたばこ販売の延命策になっている側面がある」という声もある。

 厚生労働省の研究事業として平成20年度に行われた「未成年の喫煙・飲酒状況に関する実態調査」によると、喫煙経験のある高校生は男子22・3%、女子14・3%。タスポを使った経験は毎日喫煙するという中学生の場合、男子54・3%、女子65・6%に達する。タスポの入手方法は、家にあるカードを持ち出すほか、家族や知人から借りていた。

 30年来、喫煙問題に取り組んできた渡辺文学さんは「社会全体が未成年の喫煙に甘く、抜け穴だらけ」と指摘する。「コンビニにしても年齢確認は徹底されていない。売る側にアルバイトの高校生がいたら未成年でも先輩や友人にたばこを売ってしまうのでは」と話す。

 今秋、たばこ税の増税(1本当たり5円)でたばこの価格は1箱300円から400円に値上げされる。未成年者の喫煙を防ぐには「値上げが最も有効」という声がある中で、未成年の喫煙にどんな影響があるのか−。

                   ◇

 ■インターネットによるたばこ販売 

 ◆「年齢確認」甘い業者も

 たばこの小売業者が自社のサイトで扱っているケースが多い。しかし、中には「あなたは20歳以上ですか?」という設問に「はい」とクリックするだけで購入できてしまう「年齢確認」のハードルの低い業者もある。画面上に陳列するたばこには外国の銘柄も多く、明らかに若いスモーカーを意識していることがうかがえる。カートン単位での購入が基本だが、ばら売りに対応する業者もある。購入者は注文後、指定の振込先に代金を入金すれば1週間前後でたばこが届く。

山崎拓氏、自民を離党せず 70歳定年制で非公認も(産経新聞)
<失業>パート狙い撃ち1月56.4% 非正規の解雇で突出(毎日新聞)
<薬事法違反>容疑でタミフル輸入代行業者ら逮捕(毎日新聞)
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
平野官房長官 個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-07 10:34
 パチンコ店の売上金などを着服したとして、兵庫県警葺合署は30日、業務上横領の疑いで、神戸市長田区天神町の飲食店アルバイト、門田真吾容疑者(44)を逮捕した。葺合署によると、門田容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、平成20年11月〜21年9月、店長だった神戸市内のパチンコ店の売上金約400万円を着服したとしている。昨年9月、金がなくなったことに気付いたパチンコ店の運営会社が告訴していた。

 葺合署によると、神戸市内の飲食店で29日夜、同店の運営会社役員の男性が門田容疑者を発見して110番。駆けつけた署員が、門田容疑者から事情を聴いていたという。

【関連記事】
市局長補佐が募金19万円着服、フィリピン人妻の実家に送金
荒川区の女性職員が保険料110万円を着服か
元信金主任、4億円着服 「トト」に2700万使う 大分
中学教諭、バスケ部活動費を着服しクビ 北海道
つくばエクスプレスの助役 親ぼく会費360万円着服で解雇

<詐欺>預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ(毎日新聞)
臨時交付金少なかった、算定ミス42億円(読売新聞)
<施政方針演説>「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり(毎日新聞)
<大雪>新潟で100センチを予想 4日午後6時までに(毎日新聞)
天王寺動物園 天王寺蕪を収穫 ゾウの糞肥料に 大阪(毎日新聞)
[PR]
by jfvi6aaxzd | 2010-02-06 13:48